こちらは龍実霞がいろいろと読んだ本や雑記を文章主体でまとめているサイトです。
尤もこのルールは「ゆるめ」ですがw

最近本をメインにしてませんが、時折入ってきますので。



・サイトの下の方にイラストスペースを追加しました。
各カテゴリ毎にイラストの追加等していきますので、下の方のカテゴリが増えていることもあります。

何処が増えるかは自分にも判りませんのでそのあたりは自分でチェックしTれ見て下さいw
最近の記事

2013年05月21日

気がつくと自分の読書はノートを読むのと変らないことを確認してしまった…

HOME本の関係 ⇒ この記事

ここ暫くの間、本を通読・読了することが中々出来ません。

代わりに様々なツールや機能の取扱説明書や、
借りやすく使い方をまとめたサイトばかり、
読み込むことが多いです。

そのせいかブログの方に
「今回読了したのはこの本です」
みたいなことが中々出来なくなっています。

それでも「読むという行為」自体は辞めていないからいいのですが。


自分なりに読みやすくするように
コピペした文章のレイアウトを整えながらの読解とかしていると、
明らかに読むスピードが遅くなる…

その代わりに内容把握が普通の読書よりかは
より確実になりますけどね。

小説などを読むなら速読っぽくても支障はないけど
取説関係は「身に付ける」面があるので、
繰り返しを前提にしないといけないですからね。

そうして整えなおした文面をプリントアウトして
どこでも読めるようにします。

画面上が悪いとは思いませんが、
手軽な紙のほうが場所を選ばないですから。

あと電子書籍とか自分は持っていないのでねw


書き込みながら
この行為はノートを取るのと同じ事だと気づきましたw

コピペの量が半端無いのでノートの書き込むのとは
比較にならないですけど。

まぁEvanoteにコピペしてレイアウト作業は
まんまですからね。


さて、まだまだ覚えなくてはならないソフトや機能とかもあるから
コピペした文章のレイアウト整理を
続けてしないと。


それでは今回はこの辺で。






posted by 龍実霞 at 06:28 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

寛政9年11月15日〈1798年1月1日)は浮世絵師の歌川 国芳の生まれた日です。

HOME本の関係 ⇒ この記事

コチラのサイトの方は飛び飛び更新になってしまいますね。
色々しているとブログの更新がつい後回しになるので
気をつけないと。

少し前から題材探しで詰まっていたので改めての更新です。


今回は誕生日で。
寛政9年11月15日〈1798年1月1日)は浮世絵師の歌川 国芳の生まれた日です。

江戸時代の末期に活躍し、
絵自体の技術もすごいですが、
アイデア・発想、描いていたジャンルも幅広いです。
また最近では未来を予測・予知できたんじゃないかという
都市伝説っぽい作品とかもあったり。


作品ジャンルは役者絵武者絵美人画名所絵風景画)から
戯画春画まで
実にさまざまなジャンルにわたっています。

中でも歴史・伝説・物語などに題材を採り、
大判3枚つづりの大画面に
巨大な
骸骨、化け物などが跳梁するダイナミックな作品に本領を発揮しています

1枚づつだと何が描かれているか判らないと云うとか
当時でも斬新でしょう。




あと人が集まって人の顔になっている、とか
一瞬グロかったりしますが不思議と魅力のある作品とかもあって
結構自分は好きですね。




<A href="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_ssw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Ftatumi43-22%2F8003%2F6ea090c8-b68e-40ac-9bc4-f5d2a98d248c&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A>




当時は日本にも西洋の文献とかが、一般の方にも幾ばくかは出回っていたみたいで
骸骨の骨格とかきちんと描かれていたり、
また国芳は遠近法もそれらの文献、書籍から習得し反映していました。



扱うジャンルの幅広さから時の幕府にも度々睨まれ、
その時期はまた幕府の中では、
老中水野忠邦による天保の改革が始まっていました。

質素倹約、風紀粛清の号令の元、
浮世絵も役者絵や美人画が禁止になるなど大打撃を受けます

ですが国芳はそんな中でも密かな反骨心で、
風刺画などで世相の批判をしては奉行所の厄介にもなったり



尋問を受けたり、時には罰金を取られたり、始末書を書かされたりしたことも。

それでも国芳の筆は止まらず、
禁令の網をかいくぐりながら、幕府を風刺する国芳に江戸の人々は喝采を浴びせていて


ちょっとしたヒーローだったようです。




あと国芳さんは猫好きとしても知られていて、
猫の仕草で埋め尽くした作品とかもあり、
その観察力は作品の反映にも何処か愛嬌が漂うものがチラホラあります。



世相ネタに動物の擬人化も活用しているものもありますので、
今の時代でも十分適応できるでしょうねw



さて、それでは今回はこの辺で。





マニアックなインスタントストア各種
ストアの種類も順次増えていきます。
各ジャンルのカテゴリも、増えるものもあります。
PCグッズサイトトップ.jpg



PCグッズストア


アニメDVDストアトップ.jpg



アニメDVDサイト

おもちゃ・ホビーストア.jpg



おもちゃ&ホビーストア


各種オーディオ機器ストア.jpg



各種オーディオ機器ストア


よろずや卍書店.jpg



よろずや卍書店



カメラ・望遠鏡サイト.jpg



カメラ・望遠鏡・双眼鏡etc.
コーナー








posted by 龍実霞 at 10:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今まで描いた作品を電子書籍にしました。
各サービスのバナーからそれぞれのページに跳べます。
Amazonインスタントストバナー用468×60.jpg
Amazon Kindle
DLMARKETバナー用468×60.jpg 
 BOOTHバナー用468×60.jpg
 BOOTH
 
melonbooks dl バナー用468×60.jpg
DiGiket バナー用468×60.jpg
DLsite バナー用468×60.jpg
ameroad バナー用468×60.jpg
forkN バナー用468×60.jpg
メディバン バナー用468×60.jpg 
メディバン
BCCKS
http://bccks.jp/library/myshelf
 
 
Amazon Publisher Studio こちらにバックアップする。




インスタントストア各種
カメラ・望遠鏡・双眼鏡etc

カメラ・望遠鏡・双眼鏡etc.jpg
PCグッズストア

PCグッズストア.jpg
各種オーディオ機器ストア

各種オーディオ機器ストア.jpg
文字


文字


文字


アニメDVDサイト

アニメDVDサイト.jpg
よろずや卍書店

よろずや卍書店.jpg
画材屋 萬屋円環堂

画材屋 萬屋円環堂.jpg
文字


文字


文字


映画・ドラマ・バラエティ番組
コーナー
映画・ドラマ・バラエティ番組コーナー.jpg
防災グッズセレクション

防災グッズセレクション.jpg

DIY・工具ぐるぐるストア

DIY・工具ぐるぐるストア.jpg






文字


文字


文字


和装・着物屋 萬屋円環堂

和装・着物屋 萬屋円環堂.jpg
コスメ・ヘルス&
ビューティーストア
コスメ・ヘルス&ビューティーストア.jpg





しばらくお待ち下さい

作成中.jpg
文字


文字


文字


ホーム&キッチン・よりどり
ショッピングモール
ホーム&キッチン・よりどりショッピングモール.jpg
しばらくお待ち下さい

作成中.jpg
しばらくお待ち下さい

作成中.jpg
文字


文字


文字
























×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。