こちらは龍実霞がいろいろと読んだ本や雑記を文章主体でまとめているサイトです。
尤もこのルールは「ゆるめ」ですがw

最近本をメインにしてませんが、時折入ってきますので。



・サイトの下の方にイラストスペースを追加しました。
各カテゴリ毎にイラストの追加等していきますので、下の方のカテゴリが増えていることもあります。

何処が増えるかは自分にも判りませんのでそのあたりは自分でチェックしTれ見て下さいw
最近の記事

2009年12月03日

「オスカー・ワイルドに学ぶ人生の教訓」を読みました。

HOME本の関係 ⇒ この記事

少し前に手に入れて一度は通読していた
オスカー・ワイルドに学ぶ人生の教訓」を改めて読み返していました。



オスカー・ワイルド
「海外の作家さん」ぐらいの認識ぐらいしかなく、
著作を読んだことはなかったのですが
今回読んだ本はその中からよりぬいた言葉をまとめたもの。

成功哲学絡みの本とかの読んだ後だと
この人の言葉は癖があります。
そして味もある。

たとえばこの人の一番有名だといわれる言葉、
なんにでも負けない、誘惑以外はね。
ああなんて素晴らしいww

このフレーズを見つけ時にこの人が好きになったですよww

「はじめに」の方を読んでいると、
アイルランド人のオスカー・ワイルド自身は
保守的な風潮が色濃く残る、19世紀末の英国ヴィクトリア朝の社交界の中で
「中産階級出身」「同性愛者」「英国での外国人」という「ハンディ」を持ちながらも
独自の世界観で活躍していた売れっ子劇作家です。

先に書いたように、今回読んだ本の中に収録されている言葉の数々は
癖があって、味があるものがたくさん収録されている。
本の帯の方にある言葉を少し抜き出してみると・・・

浅はかな人間だけが、己を知っている

友人は外見で選び、知人は性格で選んでいる

男は年寄りになるが、善人には決してならない」(ww)

 


先日読んだ「福本信行 人生を逆転する名言集」と
どこか似た匂いを感じる・・・



最近の自分にとってはこのくらいのヴォリュームが読了しやすいです。
同時進行で数冊読んでいるのはいつものことですが
充実したヴォリュームの方は時間がかかりすぎて
ブログに書き込もうとする頃には冒頭の部分が
あやふやになってしまっているのが哀しい。

そしてけっこう繰り返しで読むとか好きなのですが
今年はあまり再読をしていないなぁと思っている本が大量にあるまま
残り一月になってしまった・・・

「再読しなくちゃ」とか言いながら、明かりに群がる蛾のように
書店に立ち寄るとふらふら中を歩き回り、
出る時には小脇に本を抱えて出てくるという・・・懲りてねぇぞ自分ww

尤も購入する3割ほどが今年はPC関係のフリーソフト紹介本とか
ソフトの使い方の紹介本とか実用面重視のムック本ですがね。

住んでいる場所の関係もあるし、パチンコとかしないので
ある意味本を読むのは娯楽の一面もあります。

それはそれでいいネタになるのですが今回は見送ります。



今回貼り付けているのは数年前にヒットしたスキャットマンのPVを。
この方すでに亡くなっているとは・・・ちょっとショック。


なまじ歌い方がパワフルなだけに惜しい。
こんなのもそうですが、最近は時折ふと頭に浮かんだ
ミュージシャンの曲とかをいろいろ探しています。
ちょっと落ち着いてきてますが・・・まぁネタに困ることはまずないからねぇ。
それでは。


posted by 龍実霞 at 20:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
今まで描いた作品を電子書籍にしました。
各サービスのバナーからそれぞれのページに跳べます。
Amazonインスタントストバナー用468×60.jpg
Amazon Kindle
DLMARKETバナー用468×60.jpg 
 BOOTHバナー用468×60.jpg
 BOOTH
 
melonbooks dl バナー用468×60.jpg
DiGiket バナー用468×60.jpg
DLsite バナー用468×60.jpg
ameroad バナー用468×60.jpg
forkN バナー用468×60.jpg
メディバン バナー用468×60.jpg 
メディバン
BCCKS
http://bccks.jp/library/myshelf
 
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。