こちらは龍実霞がいろいろと読んだ本や雑記を文章主体でまとめているサイトです。
尤もこのルールは「ゆるめ」ですがw

最近本をメインにしてませんが、時折入ってきますので。



・サイトの下の方にイラストスペースを追加しました。
各カテゴリ毎にイラストの追加等していきますので、下の方のカテゴリが増えていることもあります。

何処が増えるかは自分にも判りませんのでそのあたりは自分でチェックしTれ見て下さいw
最近の記事

2013年07月26日

スペインの鉄道事故の影響ってスペイン国内だけで済むのでしょうかね?

HOMEニュース関係 ⇒ この記事

先日のスペインの鉄道事故の映像、かなりひどくて驚きました。

死傷者もかなり出たそうですが、
ニュース番組で映像分析をしていた方が、
最近の中国の鉄道網の発達と
スペインの鉄道インフラの整備の進み具合が
とても似ている。

人的なスピード違反の問題は当然あるが、
システム的な問題もあるのが
今回の事故の背景にあるのではないかと言っていました。


個人的には欧州の鉄道網の整備は、
中国よりもずっと前にスペイン全国地域の規模で整備されていたイメージを
持っていましたけど、
「高速鉄道網」クラスとなると…
逆にそれほど拡がってはいないのかもしれません。

実際にJRグループが今やあちこちの国々へ
新幹線のシステムの売り込みをしているんでしたよね。

車両だけでなく運営・運行システムまでをパッケージ化して
イギリスや台湾では既に運行されている。

インドやベトナム・米国カルフォルニア州へも
今は入札に絡んでいるとか…

新幹線のような高速鉄道網の運行となると、
従来の国々での時間感覚だと事故につながるかもしれませんから
運行システムも含めてのパーッケージとしての売り込みは
個別でシステムを導入するより
結果として安く済むのかもしれませんね。


改めて今回のスペインの鉄道事故を振り返ると、
電化されている地域とされていない地域双方を走行するために、
ディーゼル発電車両が一緒に接続されていたとのこと。

その車両の重心の高さが、
今回事故の原因になったカーブでの大幅な速度違反の時に
遠心力に耐えられずに
外側に振られた印象があります。

速度自体も通常80キロの路線で180キロ出していたとか
日本じゃありえない運行のしかたでしたから
今後の原因究明の進捗状況によってはスペイン全域の
鉄道網の再チェックにまで進むかもしれませんね。

島国の日本や自己完結している中国と異なり、
『EU』・欧州連合の一国ですから
他の国からの人の流れにまで影響しかねない。

時間がかかるのはこれからでしょうが、
今後のことを考慮しての鉄道網の再チェックをしていって欲しいですね。

それでは今回はこの辺で。
posted by 龍実霞 at 07:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

英国のロイヤルベビー誕生の影響って地球規模になるのでしょうか?

HOMEニュース関係 ⇒ この記事

英国のロイヤルベビー誕生の知らせが朝イチで世界に報道されました。

イギリス国内にかぎらず、
俗にいう『英連邦諸国』とも言われる英国王室を宗主国に頂いている
カナダやオーストラリア・ニュージーランド・インド・シンガポールなどの国々にとっては
嬉しいニュースです。

日本は皇室を頂いていますが、英王室の存在感は宗教とは違う
英語圏での影響力がありますからね。

米国は連邦諸国には属していませんが、
元は一植民地でもあり、
過去にも王室が来た時にも歓迎ムードだったので
心理的な意味では今も宗主国なのでしょう。


旧英国帝国とも言える世界規模の植民地が母体になっている
英連邦諸国。

ウィキペディアで改めてチェックすると、
かなりの国が関係しているようです。

五大陸に所属している国があります。

王制を持っている国は欧州や中東が中心ですし、
イスラム圏は宗教的な指導者の存在が
王制の役割と幾分重なります。

キリスト教カソリック圏の教皇の影響力も世界規模ですが、
宗教的な影響力は
今も国の枠を外れて教派間の軋轢が生みやすいです。


王室のような…今の時代は象徴的な存在で
権威のみを持つ存在のほうが、
そういうものを頂いている国々にとっては
通常の政治機構に対する心理的なバランサーとして機能しますからね。

政治的な混乱が起きても王室の存在が
決定的な混乱に歯止めをかけられますから。


実際に日本の皇室は武家政権以降は
権力がない象徴な権威のみ…

時代によっては存在すら忘れがちにされていましたが、
逆にそれ故に存続していられたのですから
そういったノウハウというか蓄積は
皇室ってあるんですよねぇ。


こういった武力や覇権意識を持たない存在での交流は
今後は大事になるかもしれませんね。

利害の起きやすい政治的な駆け引きは
今や政治家の領分にしていた方がいいです。

それでは今回はこの辺で。
posted by 龍実霞 at 06:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今まで描いた作品を電子書籍にしました。
各サービスのバナーからそれぞれのページに跳べます。
Amazonインスタントストバナー用468×60.jpg
Amazon Kindle
DLMARKETバナー用468×60.jpg 
 BOOTHバナー用468×60.jpg
 BOOTH
 
melonbooks dl バナー用468×60.jpg
DiGiket バナー用468×60.jpg
DLsite バナー用468×60.jpg
ameroad バナー用468×60.jpg
forkN バナー用468×60.jpg
メディバン バナー用468×60.jpg 
メディバン
BCCKS
http://bccks.jp/library/myshelf
 
 
Amazon Publisher Studio こちらにバックアップする。




インスタントストア各種
カメラ・望遠鏡・双眼鏡etc

カメラ・望遠鏡・双眼鏡etc.jpg
PCグッズストア

PCグッズストア.jpg
各種オーディオ機器ストア

各種オーディオ機器ストア.jpg
文字


文字


文字


アニメDVDサイト

アニメDVDサイト.jpg
よろずや卍書店

よろずや卍書店.jpg
画材屋 萬屋円環堂

画材屋 萬屋円環堂.jpg
文字


文字


文字


映画・ドラマ・バラエティ番組
コーナー
映画・ドラマ・バラエティ番組コーナー.jpg
防災グッズセレクション

防災グッズセレクション.jpg

DIY・工具ぐるぐるストア

DIY・工具ぐるぐるストア.jpg






文字


文字


文字


和装・着物屋 萬屋円環堂

和装・着物屋 萬屋円環堂.jpg
コスメ・ヘルス&
ビューティーストア
コスメ・ヘルス&ビューティーストア.jpg





しばらくお待ち下さい

作成中.jpg
文字


文字


文字


ホーム&キッチン・よりどり
ショッピングモール
ホーム&キッチン・よりどりショッピングモール.jpg
しばらくお待ち下さい

作成中.jpg
しばらくお待ち下さい

作成中.jpg
文字


文字


文字
























×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。